新潟記念 2018 穴馬予想 2018年9月2日(日)新潟



ブラストワンピースとセダブリランテスのZI130以上は信頼度高いのですよ。次がグリュイエールのZI120も下とは差があるよね。こうなると人気の3頭で固いという結論になってしまうのだが、穴馬予想だから何とか考えるw

スズカディープの成績からは何で◎が二つも付くの?これが人が考えるのとソフト予想の違いw、とにかく単複確率が一番高いという事なので人気が無いのだから押さえても良いかも知れないね。あとはマイネルハニーとエンジニアかな。

2018年 9月 2日(日) 2回新潟12日目 13頭 [15:45発走]
【11R】  第54回新潟記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)(特指) 芝2000m・外 (A)

← Scrolling →
馬名S 替 騎手 ZI ZI順 SP SA 直前 芝短 芝中 ダ短 ダ中 母父タイプ
1 1 ブラストワンピース 池添謙一 134 2 ×     ( 0)   96     ハービンジャー キングマンボ系
2 2 マイネルハニー *柴田大知 106 6             89 97 99     マツリダゴッホ ロベルト系
3 3 ベアインマインド *藤田菜七 91 12               90 81 90     ディープインパクト ミスプロ系
B4 4 ショウナンバッハ *三浦皇成 97 9             88   98     ステイゴールド プリンスリーギフト系
4 5 メートルダール *福永祐一 107 5 × ×     ( 0) 91 101     ゼンノロブロイ ロベルト系
5 6 メドウラーク 丸田恭介 91 12                 98 81 98     タニノギムレット ヴァイスリージェント系
B5 7 マイネルミラノ *津村明秀 102 8       ×     78   99     ステイゴールド ダンチヒ系
6 8 ストーンウェア 蛯名正義 109 4   96 86 96     Birdstone ミスプロ系
6 9 レアリスタ 石橋脩 97 9                 ( 0) 95 95     ステイゴールド セントサイモン系
7 10 グリュイエール *戸崎圭太 120 3 ( 0)   95     ディープインパクト キングマンボ系
7 11 エンジニア *北村宏司 103 7           90 82 90     Sea The Stars ダンチヒ系
8 12 スズカディープ *内田博幸 95 11   ×     90 75 90 69   ディープインパクト ボールドルーラー系
8 13 セダブリランテス *石川裕紀 136 1         ( 0)   99   69 ディープブリランテ ロベルト系

前走結果コメント

5着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
「レース前から唯一の不安だったゲートでがたついてしまい立ち遅れました。1~2コーナーでポジションを取りに行き、そこからはペースが遅くても折り合いはつきました。しかし、勝負所で前の下がってきた馬の影響でポジションが悪くなり、行き場を失ってしまいました。最後の1ハロンでいいところに出せてジリジリ伸びましたが、勝負所のロスが大きかったです。直線でいいところに早く出せていれば勝ち負けするぐらいだっただけに申し訳ありません。プラス10キロの影響もあったのかもしれません」

2着 ベアインマインド(大野拓弥騎手)
「ペースは速かったのですが、楽に追走できたのが大きかったです。最後もしぶとく頑張っていました」

3着 グリュイエール(福永騎手)
「もう少し前でレースをしたかったのですが、馬場もあって前走ほど行きっぷりがよくなかったです。直線ではジリジリ伸びていましたが、左にモタれていて、その分2着を取り損ねました。ただ、長期休養明け2戦目でよく頑張っていますから、今後が楽しみです」

1着 エンジニア(和田竜二騎手)
「スタートは出てくれました。その後は一旦落ち着かせて、勝負所でもうまく折り合いがつきました。決め手がある馬です。オープンでもやれると思います」

1着 スズカディープ(浜中俊騎手)
「『少頭数』、『外枠』など揉まれ弱い難しいところのある、この馬にとっていろいろ良い条件が重なったことが良かったのだと思います」

1着 セダブリランテス(戸崎圭太騎手)
「(金杯初勝利は)嬉しいですし、気持ちいいですね。状態もすごく良く感じましたし、自信を持って乗りました。3~4コーナーで少しふらつく所はありましたが、直線はよく伸びてくれました。(今日これで3勝目)幸先良いスタートを切れましたし、リーディングに向けて頑張っていきたいです」
(手塚貴久調教師)
「3コーナーでエンジンがかかるのが遅いので、どうしても押して押しての手応えになるのですが、ラジオNIKKEI賞を勝った時も同じような感じでしたからね。展開的にも、途中からマイネルミラノが行ってくれて向いたと思います。本当は広いコースでのびのび走らせてあげるのが良いのでしょうけれど、今日もいい内容のレースをしてくれました。今後に関しては一息入れて考えようと思います」

関連記事