富士S 2018 穴馬予想 2018年10月20日(土)東京



オッズでは上位混戦模様、TG指数からはどの馬にもチャンス有りと考えても良さそうだね。ZI指数上位は順当に人気になってるから穴馬はSP指数からハクサンルドルフとヒーズインラブ。マルターズアポジーにも◎が付いてるのでマイペースで逃げたら可能性あると思うよ。

前走コメントから面白そうなのがゴールドサーベラスとヤングマンパワーかな?坂路データではデンコウアンジュ、この馬は東京コースが合うらしいから前々走の第13回ヴィクトリアマイルは無視して考えた方が良いかも?

穴馬予想で6頭も候補を上げたら予想になって無いわなw、半分にしましょう。私が買うとしたらデンコウアンジュ、ヤングマンパワー、ヒーズインラブだな。
2018年10月20日(土) 4回東京6日目 18頭 [15:45]
【11R】  第21回富士S
3歳以上・オープン・G3(別定) 芝1600m (A)

← Scrolling →
馬名S替 騎手ZIZI順SPSA直前芝短芝中ダ短ダ中生産者母父タイプ
11ガリバルディ*御神本訓9917       ( 0)9595  社台ファームディープインパクトミスプロ系
12ストーミーシー大野拓弥10613        949797  ミルファームアドマイヤムーンニジンスキー系
23デンコウアンジュ蛯名正義8918       91103103  磯野牧場メイショウサムソンニジンスキー系
24ウインブライト松岡正海10912   ×   ( 0)75103  コスモヴューファーステイゴールドグレイソヴリン系
35ゴールドサーベラス柴山雄一1119        969698  原田久司スクリーンヒーロー他のネイティヴダンサー系
36エアスピネル*福永祐一1281×  ( 0)103103  社台ファームキングカメハメハサンデーサイレンス系
B47ウインガニオン*酒井学10116        91100100  コスモヴューファーステイゴールドダンチヒ系
48ロジクライ*ルメール1253   969898  ノーザンファームハーツクライミスプロ系
59ハクサンルドルフ*戸崎圭太1226    ( 0)9898  チャンピオンズファアドマイヤムーンヌレイエフ系
510ヤングマンパワー*武藤雅11010       94101102  ノーザンファームスニッツェルサンデーサイレンス系
611ワントゥワン*モレイラ1245 ×  979797  社台ファームディープインパクトフェアリーキング系
612クルーガー*石川裕紀1137        ( 0)100100  ノーザンファームキングカメハメハマッチェム系
713ペルシアンナイト*M.デム1253  DX( 0)103107  追分ファームハービンジャーサンデーサイレンス系
714レッドアヴァンセ 北村友一1281   ×( 0)104104  ノーザンファームディープインパクトリファール系
715マルターズアポジー柴田善臣10414      85101103  山岡牧場ゴスホークケンボールドルーラー系
816ハッピーグリン*内田博幸1137     888895  社台ファームローエングリンサンデーサイレンス系
817ヒーズインラブ 藤岡康太11010      939999  ノーザンファームハービンジャー 
818ジャンダルム 武豊10315×      ( 0)8293  North Hills Co. LiKitten's Joyサンデーサイレンス系



前走レース後のコメント

5着 ゴールドサーベラス(柴山騎手)
「開幕週の馬場なので位置を取りに行きました。最後は甘くなりましたが、馬は力をつけています」

3着 エアスピネル(武豊騎手)
「レース自体は悪くありませんでした。サングレーザーは強かったですし、この馬の反応が良い頃に比べると少し物足りない感じでした。休み明けなので、次はさらに良くなるでしょう」
(笹田和秀調教師)
「5ヵ月の休み明けでしたし、時計も速い決着でした。それでも走るところを見せてくれましたし、次はさらに良くしていかなければいけませんね」

3着 ロジクライ(浜中騎手)
「最初のコーナーで外から他馬に来られた時に少しハミを噛むところがありました。元々外から自分で動いて行くタイプの馬ですが、内枠だったせいで内に押し込まれる形になりました。直線はジリジリと伸びたのですが...」

2着 ハクサンルドルフ(川田騎手)
「返し馬の様子から、馬場は大丈夫だと感じていました。直線では自分の脚をしっかり使って、精一杯頑張っています」

8着 ヤングマンパワー(石橋脩騎手)
「久々にこの馬に乗りましたが、変わらず競馬の上手な馬です。自分から動いて行って、そんなに負けていません。よく頑張っていると思います」

2着 ワントゥワン(戸崎騎手)
「中団の位置を取りに行ったのですが、行き脚がつかず後方の位置になりました。道中はドンと構えて脚をためて、直線はよく伸びたのですが、勝負どころで少しモタついたのが痛かったです」

6着 ペルシアンナイト(川田騎手)
「直線で道を作ることが出来ず申し訳ない競馬になりました。すみませんでした」

3着 レッドアヴァンセ(北村友一騎手)
「具合が良くて、ゲートもしっかりと出てくれました。理想のポジションを取ることができて、直線も反応良く脚を使ってくれました」

9着 ヒーズインラブ(藤岡康騎手)
「直線に向くまではいい形でした。ただ、直線で前にスッと入れないうちにスペースがなくなりました。今日は久々のレースでしたし、次は変わってくると思います」

関連記事

Google Adsense
当サイトは広告サービス Google Adsenseを利用しています。広告配信事業者は ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります Cookieを無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細はポリシーと規約 Googleをご覧ください。
Google Analytics
当サイトはGoogle Analyticsデータ収集にCookieを使用しています。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

除外データ設定
坂路データは上位50まで掲載していますが、4Fタイム上位では無くて、ラップボーダー設定で一定のラップタイムをクリアした馬のみです。4F合計タイムが上位でも、ラップタイムの1F~4Fの何処かでラップボーダー設定タイムをクリアしていなければ除外されます。