JBCレディスクラシック 2018 結果 コメント 配当 動画



2018年11月 4日(日) 5回京都2日 天 : 晴  馬場 : 良
【12R】 第8回JBCレディスクラシック
3歳以上・オープン・G1ダート 1800m 16頭立

← Scrolling →
馬 名騎手斤量着差上3F決手生産者母父タイプ名
16アンジュデジール横山典弘556 37.3先行辻牧場ディープインパクトヴァイスリージェント系
4ラビットランM.デム55137.3先行Alexander Groves Matz LLCTapit他のノーザンダンサー系
15ファッショニスタ大野拓弥555 1/236.3差しダーレー・ジャパンストリートセンスフォーティナイナー系
3クイーンマンボルメール552 1/237.2差しグランド牧場マンハッタンカフェロベルト系
13アンデスクイーン松若風馬55122 1/237.0中団ノーザンファームタートルボウルキングマンボ系
8ビスカリア森泰斗5513ハナ36.6後方岡田スタツドヴァーミリアンテディ系
2フォンターナリーリC.デム553538.5中団ノーザンファームクロフネフェアリーキング系
1アイアンテーラー浜中俊5571 1/439.5逃げハシモトフアームゴールドアリュールミスプロ系
6ジュエルクイーン岩田康誠5515338.9中団明治牧場キンシャサノキセキヴァイスリージェント系
10プリンシアコメータ武豊5541039.6中団ベルモントファームスパイキュールダンチヒ系
12ブランシェクール御神本訓5510111 3/439.1後方ノーザンファームダイワメジャーヴァイスリージェント系
9サルサディオーネ丸山元気559121 1/440.4先行荒谷牧場ゴールドアリュール他のネイティヴダンサー系
11リエノテソーロ吉田隼人551113クビ39.4後方Oak Bluff Stables LLCSpeightstownダンチヒ系
5ラインハート笹川翼551414クビ39.1後方坂東牧場ステイゴールドヴァイスリージェント系
14ディアマルコ佐原秀泰551615クビ38.2後方松平牧場スパイキュールサンデーサイレンス系
7カワキタエンカ池添謙一55816大差42.6後方木田牧場ディープインパクトヴァイスリージェント系
LAP 12.1-10.9-12.5-12.5-12.4-12.2-12.5-12.3-13.0
通過 35.5-48.0-60.4-72.6  上り 74.9-62.4-50.0-37.8  平均 1F:12.27 / 3F:36.80
単勝  16 \1310
複勝  16 \300 / 4 \150 / 15 \290
枠連  2-8 \560 (3)
馬連  04-16 \2090 (7)
ワイド 04-16 \740 (7)/ 15-16 \1830 (22)/ 04-15 \750 (8)
馬単  16-04 \5890 (20)
3連複 04-15-16 \7060 (22/560)
3連単 16-04-15 \53720 (163/3360)




1着 アンジュデジール(横山典弘騎手)
「最後までよく頑張ってくれました。一旦前に出られながらも盛り返してくれました。行く馬も多く、レースも流れると思いました。この馬自身スピードがあるので、その流れの中でも、良い位置につけて運べました。4コーナーでは抜群の手応えでした。一度使って馬が良くなっていました。一戦一戦馬が良くなっていました。状態がもう一つでも安定して走る馬ですからね。スプリントではルメール騎手、クラシックでは関西の福永騎手、このレースでは関東の騎手が頑張りました(笑)」

2着 ラビットラン(M.デムーロ騎手)
「惜しかったです。馬はよく頑張ってくれました。良いレースをしてくれましたが、最後は交わされてしまいました。また次、頑張ります」

3着 ファッショニスタ(大野拓弥騎手)
「ゲートで待たされて、思ったより位置取りが後ろになりました。4コーナー手前からの加速はいいものがありました。このメンバーで差のない競馬をして、力を見せてくれました。相手なりに走れます。距離は大丈夫です」

4着 クイーンマンボ(C.ルメール騎手)
「前が止まりませんでした。馬の状態は完璧で良いレースだったと思います。よく頑張っています」

5着 アンデスクイーン(松若風馬騎手)
「ペースが流れた分いつもより位置が後ろになりましたが、馬のリズムで運びました。3~4コーナー、外を回りながらも最後までしっかりと伸びました」

6着 ビスカリア(森泰斗騎手)
「終いにかける競馬で、良い脚を使いました。3~4コーナーで前がゴチャゴチャして、外を回すことになって、そこを上手く立ち回れていれば、上位もあったかもしれません」

7着 フォンターナリーリ(C.デムーロ騎手)
「スタートは出たのですが、周りを強い馬に囲まれて、厳しいレースになってしまいました」

8着 アイアンテーラー(浜中俊騎手)
「内枠だったので行こうと思いましたが、同型馬がいました。行く馬の宿命です。これを良い経験にしたいと思います」

10着 プリンシアコメータ(武豊騎手)
「ゲート入りが悪かったです。気難しい所があります。4コーナーで狭い所に入って、急に減速してしまいました。難しいですね。すんなりだったら走ると思うのですが...」

16着 カワキタエンカ(池添謙一騎手)
「パワーのある馬だから、ダートが向くかと思っていました。2コーナーから向正面に入っていく時はハミが抜けたのですが、丸山騎手の馬に来られてからきつくなりました。芝の方が良いかと思います」

関連記事

Google Adsense
当サイトは広告サービス Google Adsenseを利用しています。広告配信事業者は ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります Cookieを無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細はポリシーと規約 Googleをご覧ください。
Google Analytics
当サイトはGoogle Analyticsデータ収集にCookieを使用しています。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

除外データ設定
坂路データは上位50まで掲載していますが、4Fタイム上位では無くて、ラップボーダー設定で一定のラップタイムをクリアした馬のみです。4F合計タイムが上位でも、ラップタイムの1F~4Fの何処かでラップボーダー設定タイムをクリアしていなければ除外されます。