セントライト記念 2018 結果 コメント 配当 動画



2018年 9月17日(祝) 4回中山5日 天候 : 曇  馬場 : 良
【11R】 第72回朝日杯セントライト記念
3歳・オープン・G2(馬齢) 芝 2200m 15頭立

← Scrolling →
馬 名騎手斤量着差上3F決手生産者母父タイプ名
4ジェネラーレウーノ田辺裕信564 35.2先行新生ファームスクリーンヒーローダンチヒ系
15レイエンダルメール5611 1/434.6差しノーザンファームキングカメハメハロベルト系
2グレイル岩田康誠5661 1/434.3追込ノーザンファームハーツクライダンチヒ系
7ブレステイキングM.デム562ハナ35.1差しノーザンファームディープインパクトミスプロ系
14オウケンムーン北村宏司56101 3/434.3後方ノーザンファームオウケンブルースリフェアリーキング系
12レイエスプランドル内田博幸5614ハナ34.8後方ノーザンファームハービンジャーサンデーサイレンス系
5コズミックフォース石橋脩565クビ35.5中団ノーザンファームキングカメハメハサンデーサイレンス系
3ショウナンラーゼン吉田隼人5615ハナ35.1後方青藍牧場キングカメハメハサンデーサイレンス系
10トラストケンシン三浦皇成561235.1中団村上欽哉ハーツクライキングマンボ系
6ゼーゲン大野拓弥56910クビ34.7後方社台コーポレーション白老ファームディープインパクト 
8メイショウロセツ田中勝春5613111 1/435.7中団三嶋牧場ノヴェリストサンデーサイレンス系
9タニノフランケル幸英明56712クビ37.6逃げYuzo TanimizuFrankelロベルト系
1ギベオン戸崎圭太563132 1/236.5先行社台ファームディープインパクトヴァイスリージェント系
13ダブルフラット津村明秀568141 1/436.5中団ノーザンファームマンハッタンカフェキングマンボ系
11ケイティクレバー小林徹弥561115ハナ36.8先行社台ファームハービンジャーサンデーサイレンス系
LAP 12.4-10.9-12.3-12.4-12.9-12.0-11.5-11.2-11.6-12.3-12.6
通過 35.6-48.0-60.9-72.9  上り 71.2-59.2-47.7-36.5  平均 1F:12.01 / 3F:36.03
単勝  4 \730
複勝  4 \200 / 15 \120 / 2 \380
枠連  3-8 \370 (1)
馬連  04-15 \900 (4)
ワイド 04-15 \380 (3)/ 02-04 \1600 (16)/ 02-15 \860 (11)
馬単  04-15 \2300 (7)
3連複 02-04-15 \5460 (16/455)
3連単 04-15-02 \33050 (105/2730)




1着 ジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手)
「行く馬がいなければ逃げるつもりでしたが、タニノフランケルが出て行ったので2番手から落ち着いてレースが出来ました。3コーナーからペースが上がって早めに追い上げましたが直線で楽にかわしてくれました。春はダービーでも期待していたのですが、同じ2番手からのレースでもあの時はひっかかってしまって、らしくないレースになりました。今日は思い切った形の競馬をしようと思っていましたし、それが良い結果につながったと思います」

1着 ジェネラーレウーノ(矢野英一調教師)
「ダービーではレース前にイレ込んでレースではひっかかってしまいましたが、今日は装鞍所からゲート裏でも落ち着いていました。自分の形でレースができればと思っていたのですが、無理せず2番手からいい内容のレースでした。体も大きくなりパワーアップして成長を感じます。今後のレースは馬と相談になりますが、距離よりも展開がポイントになるでしょう」

2着 レイエンダ(C・ルメール騎手)
「すごくいい競馬ができましたが、枠が大外だったことと、レース経験がまだ少ないことが、勝ち馬との違いです。道中はリラックスして直線はよく伸びました。パワーアップして大人になりました。距離はもっと長くてもいいでしょう。ゴールまでよく頑張ってくれました」

3着 グレイル(岩田康誠騎手)
「久々のこの状態でこれだけ走るのですから、能力があります。もっと体に芯が入って、しっかりしてくればスッと反応してレースはしやすくなります。今日はスタートして前に行けず反応したのは直線に向いてからでした。上積みはあると思います」

4着 ブレステイキング(M・デムーロ騎手)
「いい競馬はできましたが、最後は苦しくなりました。次は良くなると思います」

9着 トラストケンシン(三浦皇成騎手)
「コースの内に入りたいと思いました。思っていた通りの位置でレースをしましたが、レース前のテンションを含めてまだこれからの馬です。よく頑張っていると思います」

11着 メイショウロセツ(田中勝春騎手)
「中団からのレースでした。速い脚がそれほどないのでもう少し前に行きたかったのですが...」

13着 ギベオン(戸崎圭太騎手)
「作戦通り、イメージ通りの競馬が出来ましたが、4コーナーを回るところで手応えがあやしくなりました。それが距離のためなのか、なんなのか分かりません」

関連記事

Google Adsense
当サイトは広告サービス Google Adsenseを利用しています。広告配信事業者は ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります Cookieを無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細はポリシーと規約 Googleをご覧ください。
Google Analytics
当サイトはGoogle Analyticsデータ収集にCookieを使用しています。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

除外データ設定
坂路データは上位50まで掲載していますが、4Fタイム上位では無くて、ラップボーダー設定で一定のラップタイムをクリアした馬のみです。4F合計タイムが上位でも、ラップタイムの1F~4Fの何処かでラップボーダー設定タイムをクリアしていなければ除外されます。