アイルランドT府中牝馬S 2018 穴馬予想 2018年10月13日(土)東京



ジュールポレールが現在単勝4番人気で複勝下限が2.1、このまま2.0倍以上ならお買い得な気がするけど?最終的には2倍を切るのでしょう。穴馬予想は単純に坂路だけで言えばアドマイヤリード、去年の3着馬だけど人気無いね。

メイズオブオナーは一応この出馬表では◎が一つとSP評価が3番目のZ、信じられなくても印が回っているのだから有るかも知れないと考えるのがAI穴馬予想w、それと4走前にM.デムーロが乗って1600万下を勝ってるんだけど、その時のデムーロのコメントが「強い馬ですね。」潜在能力は高いのかも?
2018年10月13日(土) 4回東京4日目 11頭 [15:45]
【11R】  第66回アイルランドT府中牝馬S
3歳以上・オープン・G2(別定) 芝1800m (A)

← Scrolling →
馬名S 替 騎手 ZI ZI順 SP SA 直前 芝短 芝中 ダ短 ダ中 生産者 母父タイプ
1 1 クロコスミア *岩田康誠 102 9               92 91 100     小島牧場 ステイゴールド ボールドルーラー系
2 2 フロンテアクイーン 蛯名正義 114 6         ( 0) 94 95     林孝輝 メイショウサムソン サンデーサイレンス系
3 3 ソウルスターリング 北村宏司 115 5           ( 0) 95 95     社台ファーム Frankel  
4 4 ディアドラ ルメール 128 1   DZ ( 0) 82 100     ノーザンファーム ハービンジャー サンデーサイレンス系
5 5 キョウワゼノビア 田中勝春 97 10               88 88 88 70 62 協和牧場 ハーツクライ ミスプロ系
6 6 ジュールポレール 幸英明 127 2     ( 0) 99 99     社台コーポレーショ ディープインパクト フェアリーキング系
6 7 メイズオブオナー *福永祐一 92 11           83 89 90   60 ケイアイファーム ハーツクライ ダンチヒ系
7 8 アドマイヤリード *田辺裕信 117 4             ( 0) 100 100     ノーザンファーム ステイゴールド ミスプロ系
7 9 カワキタエンカ *池添謙一 109 8               ( 0) 87 97     木田牧場 ディープインパクト ヴァイスリージェント系
8 10 リスグラシュー *M.デム 110 7   CX ( 0) 99 99     ノーザンファーム ハーツクライ 他のネイティヴダンサー系
8 11 ミスパンテール 横山典弘 126 3       ( 0) 96 96     三城牧場 ダイワメジャー ロベルト系



前走レース後のコメント

2着 フロンテアクイーン(蛯名騎手)
「具合が良さそうで、ある程度やれると思っていました。最後まで伸びていますし、よく頑張って走ってくれています」

3着 ソウルスターリング(北村宏騎手)
「パドックから先出しで、思ったより落ち着いていました。前2頭を行かせての3番手、自分のリズムで走っていました。早め先頭の形は踏ん張りづらかったですが、歯を食いしばって頑張ってくれました」

1着 ディアドラ(ルメール騎手)
「ドバイでもすごくいい競馬をしていましたから、今日は自信がありました。1週前の調教に乗った時も問題ありませんでした。状態は100%ではなかったと思いますが、このメンバーでは一番強かったです。すぐに反応出来ましたし、切れました。去年、北海道で勝っていますし、彼女は北海道が好きなのだと思います」
(橋田満調教師)
「鞍上も落ち着いて乗っていましたし、馬のことをよく知ってくれています。今日の内容が良かったので、馬の状態を見て、札幌記念も視野に入れて次を決めたいと思います」

1着 キョウワゼノビア(田中勝春騎手)
「流れに乗れて脚もためられましたし、最後にひと踏ん張りしてくれました。馬場も苦にしていませんでした」

1着 ジュールポレール(幸英明騎手)
「重賞を勝てるチャンスがありながらなかなか勝たせることができず、今日はGIを勝てて本当に嬉しいです。最後は良い脚を使う馬なのでいつでも前の馬を交わせる位置でレースを進めました。直線では後ろの馬を警戒していたのですが、前の馬もしぶとく、最後は必死で追いました。もともと期待の大きかった馬ですし、この勝利をキッカケに大きなレースをこれからも勝てる馬だと思います」
(西園正都調教師)
「脚元の不安がなくなったのが一番の勝因でしょう。体重こそ以前と変わりませんが背丈が伸びました。成長を感じていました。サダムパテックの妹で期待していましたが、ようやくここで大きな仕事をしてくれました。レースでは思ったより位置が後ろでしたが、馬場のいい所を走れましたし、ジョッキーの好判断だったと思います」

5着 メイズオブオナー(北村友一騎手)
「スタートして、思っていた位置を取るまで外と内からプレッシャーをかけられて、力みが出てもったいなかったですね。ペースもある程度流れていた分3コーナーで動きたい時に動けなかったこともあり、ロスの多い競馬になってしまいました」

8着 アドマイヤリード(M・デムーロ騎手)
「良い競馬はできましたが、思っていたほど伸びませんでした。馬場を少し気にしていたかもしれません」

5着 ミスパンテール(昆貢調教師)
「もう少し前で競馬をしたかったのですが、差のない5着ですから馬は頑張っています。課題だったパドックも大人しくて、少しずつ克服してきていると感じました」

関連記事

Google Adsense
当サイトは広告サービス Google Adsenseを利用しています。広告配信事業者は ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります Cookieを無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細はポリシーと規約 Googleをご覧ください。
Google Analytics
当サイトはGoogle Analyticsデータ収集にCookieを使用しています。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

除外データ設定
坂路データは上位50まで掲載していますが、4Fタイム上位では無くて、ラップボーダー設定で一定のラップタイムをクリアした馬のみです。4F合計タイムが上位でも、ラップタイムの1F~4Fの何処かでラップボーダー設定タイムをクリアしていなければ除外されます。